施工事例

SHOWCASE
2013/7/18 11:25

屋根塗装 横浜市 U様邸

屋根の苔がひどいということで塗装依頼頂きました。
高圧水洗浄機を用いての洗浄の後プライマー・トップコート塗装という流れになります。

コロニアル屋根の塗装は屋根と屋根の重ね目の部分が塗料で埋まってしまうのですがそれが原因で雨漏りという事例が出ています。
縁切りといって塗装乾燥後にカッター等を用いて埋まった隙間に傷を入れる手法が昔は使われていたのですが現在はタフスペーサーという便利な器具がございます。
弊社ではタフスペーサーをコロニアルとコロニアルの間に等間隔で入れて接着を防いでおります。
実際このような部分はお客様ではなかなか確認ができない所です。
もし前回塗装しているけど縁切りしているか不安という場合ありましたらご連絡下さい。